トップページ / オプションサービス概要 / 迷惑メールフィルタ

迷惑メールフィルタ

迷惑メールフィルタのイメージ
概要

日々、迷惑メールの特徴を収集し精度の高いフィルタによって、tama.jp宛てに送られてくるメールの中から、迷惑メールの可能性があるものを自動的に認識し検出するサービスです。

難しい設定は不要

メールサーバー上で動作するプログラム(迷惑メールフィルタ)が自動的に迷惑メールを検出し、カットします。よって、ウィルスメール駆除サービスと同様、 Outlook Express等のメールソフトでの設定は一切必要ありません。メールソフトを立ち上げて、不快な気分になることはありません。

フィルタ設定
  • 迷惑メール判定の強度を、強・中・弱・なしの4段階で選択できます。(標準は中)
    【許可リスト】
     無条件で許可するメールアドレスやドメインを指定できます。
    【拒否リスト】
     無条件で拒否するメールアドレスやドメインを指定できます。
  • 日本語以外の言語で書かれているメール
  • 件名に半角英数が使われているメール

など。

迷惑メール検出時の処理

自動的に検出された迷惑メールはメールソフトでダウンロード可能なメールボックスには入らず、迷惑メールフォルダへ仕分けられます。

迷惑メールフォルダに仕分けられたメールは1ヶ月保存され、それ以降は削除されます。

本来、受け取りたいメールがメールソフトでダウンロードできない場合は、コントロールパネルより迷惑メールフォルダにアクセスし、受信することができます。

転送メールとの組み合わせ

【tama.jpから他のメールアドレスへの転送】
  tama.jpで迷惑メールをカットしたのち転送します。
【他のメールアドレスからtama.jpへの転送】
  迷惑メールが頻繁に届くようになった他のメールアドレスをtama.jp宛てに転送し、tama.jp経由で迷惑メールをカットして受信することができます。

迷惑メール通知サービス

迷惑メールフォルダにメールが入った場合、1日に1回メールで通知をします。万一必要なメールがご判定された場合でも、見逃す心配がありません。誘致の頻度は、2日に1回もしくは1週間に1回に変更可能です。

▲ページ上部に戻る